ブログトップ

New York Psychologist's Life

psyclife.exblog.jp

<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

天国 その3

d0004292_2345655.jpg薔薇もいろいろあります。   


d0004292_19595364.jpgピンクの薔薇。

この薔薇の名前は何でしょう?もし知っている方がいたら教えてください。

そういえば、昔、「薔薇の名前」という怖い映画があったなぁ。

d0004292_1959388.jpg黄色い薔薇。

d0004292_200580.jpg数年前の母の日にプレゼントしたミニ薔薇。その後、どこにいってしまったかと思っていたら、庭の片隅にひっそりと可愛らしく咲いていました。

[PR]
by hicello | 2007-05-26 20:03 | 自然・旅

天国 その2

d0004292_19471653.jpg庭が賑やかになってきたので、また少し紹介します。

ビオラ

d0004292_23372281.jpgハマナス


d0004292_19574656.jpgニーレンベルギア

d0004292_19493776.jpgアンジェラ

d0004292_1951127.jpgレウィシア


d0004292_19501998.jpg濃いピンクのレウィシア

花があり、鳥が歌い、音楽がある。地球は天国。
[PR]
by hicello | 2007-05-26 19:55 | 自然・旅

Wedding チェロアンサンブル

d0004292_202391.jpg週末はオーケストラのチェロ仲間Gさんの結婚式に参加しました。余興はチェロ四重奏と、新郎の参加した弦楽四重奏という室内楽コンサートのような素敵な披露宴でした。

Gさんのリクエストで、私はチェロ4重奏に参加しました。曲目は、Gさんにいろいろ希望を聞きながら決めました。結局、クレンゲルの「Vier Stucke」より1,2楽章、モーツァルトのアヴェ・ヴェルム・コルプス、バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」になりました。チェロ演奏者の4人はそれぞれ室内楽の経験があるメンバーだったので、4曲それぞれ順繰りにパートを交代して、全員が1番のメロディパートを担当するように曲を割りあてました。

これまで、オーケストラの練習の前後に練習スケジュールを組んで、4人で結婚式のチェロアンサンブルの練習を重ねてきましたが、やはり沢山の聴衆が注目して真剣に聴いている状況だと、結構ドキドキしてしまうものです。

私は最後の曲、「主よ、人の望みの喜びよ」で1番チェロを担当しました。「2人の未来が幸せいっぱいになりますように♪」と願いを込めつつ演奏しました。
[PR]
by hicello | 2007-05-13 20:24 | 音楽

天国

d0004292_2216469.jpg春の季節になると、鶯が庭に遊びに来て歌を聴かせてくれます。花が沢山咲いて、暖かくなってくる春は私の大好きな季節です。実家の庭に咲く花を少し紹介します。

オキザリス

d0004292_2217571.jpgオオデマリ

d0004292_22172143.jpgシラン

d0004292_22175271.jpg紫色のパンジー


d0004292_2218453.jpgマーガレット

d0004292_22185484.jpgボロニア

d0004292_22192515.jpgブルー・デイジー

d0004292_2220450.jpgマーガレット・モモコ

d0004292_22252671.jpgジャスミンの花。ジャスミンは花の数が多くてとってもいい香りなので、近くに寄るだけで幸せな気分になります。
[PR]
by hicello | 2007-05-05 23:25 | 自然・旅

American Wedding♪

d0004292_23431978.jpgアメリカの結婚式と披露宴は初めてでしたが、皆で踊ったり会場を行進したりと、とても明るくて楽しかったです。夕暮れ時の西海岸の海を背景にした屋外の結婚式は印象的でした。風景の写真を少し紹介します。

d0004292_23463183.jpg天気は快晴。遠くに海が見えます。

d0004292_2348576.jpg式の途中で、「砂の儀(Unity Sand)」というものがあって、新郎新婦がそれぞれ赤とオレンジの砂の入った瓶を交互に一つの瓶に注ぎ入れていました。これは、今まで別々の人生を歩んできた2人が、それぞれの家族や友人も合わせて一つの器に入り、末永く一緒になることを意味しているそうです。

d0004292_005489.jpg披露宴会場のテーブルに飾ってあったお花。テーブル名は、Morningside Hights。コロンビア大学がある場所の地名です。

d0004292_0203224.jpgアメリカ名物、チョコレートの噴水(Chocolate Fountain)。上からチョコレートが湧き出て一番下まで流れ続けています。イチゴやバナナ、マシュマロなどを竹串に刺して噴水につけてくるくると回すと、チョコレートのかかったデザートが出来上がります。

この噴水は専門の技師が付いていて、チョコレートがうまく流れ続けるように調節をしているそうです。日本でもそのうち流行するかな?

d0004292_0323071.jpg子供たちが中央の広間に集まって輪になって寝転んではしゃいでいます。子供のお父さんの一人が、子供を足でつついています。

d0004292_0311697.jpg新郎新婦の親族の挨拶やケーキカットがあって、ダンスの時間になりました。まずはフォーマルなムードのある曲で始まって、新郎新婦に続いて親族や友人が踊り始めました。クラスメートだったSandyは趣味で社交ダンスを習っていたこともあって、とても上手でした。茶色いドレスを着ている女性たちはBridemadesです。

d0004292_0373137.jpg段々と曲がカジュアルなものになってきて、小さな子供から年配の人まで老若男女関わらずダンスに参加して行きました。音楽にあわせてそれぞれ適当に体を動かしているだけで良さそうだったので、私も今回は勇気を出して少し参加しました。

d0004292_0412576.jpgFrank Sinatraの"New York, New York"の曲に合わせて肩を組んで足を上げる女性たち。
アメリカ女性、元気で明るいです。
d0004292_0471086.jpgダンスの後は、新郎が参加した余興がありました。ギャング2人で飛び上がっておなかをぶつけ合って、相手のサングラスを落としたりして遊んでいます。

d0004292_14837.jpg最後は花嫁を先頭に、皆で長い列を作って会場の外にまで出て行って行進したりと、随分にぎやかな披露宴でした。アメリカの結婚式にもいろいろあると思うので、これがスタンダードな結婚式という訳ではないかもしれないのですが、新しい友人も出来て、とても良い思い出になりました。誘ってくれたKariちゃんに感謝!です。
[PR]
by hicello | 2007-05-02 23:26 | 友人