ブログトップ

New York Psychologist's Life

psyclife.exblog.jp

<   2005年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ハリケーンKatrina被災者のための家作り

d0004292_11112326.jpg先週末、ハリケーンKatrinaのボランティア募集のメールがDeanから全生徒へ送られてきた。その頃はちょうどハリケーンRitaが来る前で、被災地域の大変な状況がニュースでも連日報道されており、気になっていたところだった。スイートメイトのSireneと話し合って、クラスメートのDennisも誘って3人でボランティアに参加することにした。

d0004292_11142100.jpgこのボランティアは、NBC News、Habitat for Humanity、Warner Music Groupが共催している"Make a difference Today"という活動である。主な仕事は、ハリケーンKatrinaの被災地域へ送る家作りある。場所はロックフェラープラザで、今週1週間、毎日、早朝から深夜3時まで行われる。登録したボランティアが2時間半のシフトで交代で働くシステムになっている。ここで作られた壁を被災地へ輸送して現地で家の組み立てが行われるそうだ。完成すると左の写真のような家になるらしい。

まずVolunteerカウンターへチェックインした後、大工道具を入れるポケットのついたエプロンを渡される。ボランティア4-5人で集まって一組のグループを組むことになった。広場には、”微かな希望(Fair Hope)”、”ニューオーリンズ(New Orleans)"などのプラカードを持ったグループが集まっている。私たちは”湾岸(Gulf shores)”グループに割り当てられた。

d0004292_11302185.jpg作業場に入るとハンマーと釘を渡された。指示されるとおりに細長い木材を組み合わせて、2時間半かけて家の枠組みを作っていく。参加者の中には大工さんもいたが、ほとんどは大工仕事の経験のない全くの素人である。それぞれ監督者のお手本を見ながら手探りで作業するので、なかなか時間がかかった。作業場の周りは柵で囲まれていて、通りがかった観光客や会社員がもの珍しそうに見学していた。

d0004292_114071.jpg釘を1箇所につき2本ずつ打っていくだけなので作業自体は単純なのだが、縦と横の木材をピッタリ印どおりに同じ高さに合わせるのが意外に難しかった。監督者からやり直しの指示が出てしまった時には、皆で一度打った釘を抜いて、もう一度新しい釘を打ち直したりした。段々と慣れてくるとハンマーを使うのも楽しくなってくる。手首を使って振り子の原理で打ち付けると早く釘が沈んでいくようだ。また作業をする中で、釘抜き専門の道具や、釘を簡単に集められる鉄ほうきの使用法も学ぶことができた。

d0004292_11431951.jpg枠が出来上がったら他の枠と組み合わせて垂直に固定する。監督者の一人が、木材が垂直に立っているかどうかを確認するための道具の使い方を教えてくれた。この道具の使い方は非常に簡単である。細長い金属の棒の真ん中に水と泡の入ったガラスがはめ込まれている道具を使って木材の角度の確認する。垂直に立つ木材の横にその金属の棒を合わせ、ガラスの中の水泡の位置を確認する。泡がガラスに引かれた2本の縦線の真ん中に収まっていれば、木材が地面に対して垂直であると判断して良い。泡が線の横に外れてしまっている場合は、木材が傾いているので、泡が真ん中に来るように木材の角度を変更する必要がある。建築家になったような気分を味わえて楽しかった。

d0004292_1136326.jpg複数のチームで幾つかの壁を作って2時間半はあっという間に過ぎてしまった。日が差してくると体が熱くなってきて、作業が終わる頃には皆、額に汗をかいていた。

d0004292_11133764.jpg最後にマジックを渡されて木の枠にサインをするように指示される。名前と笑顔のマークを書いて終了。被災地が元通り回復して、避難している人たちが早く戻れるようにと願いを込めた。
[PR]
by hicello | 2005-09-27 15:27 | 友人

初めてのテニスの授業

d0004292_15162499.jpg今日は初めてのテニスの授業だった。今学期の新たな試みとして、Columbia大学内のテニス初心者向け講座を受講することにした。週3回で10月末までの5週間のみの短期集中コースである。

私はほとんどテニスをしたことがない。日本人は大学入学後にテニスを習い始めるケースが多いように思う。私が大学へ入学した時は、合気道、空手、弓道、航空部、パラグライダー、ダイビング、オーケストラなど興味を持ったサークルを10個ほどまわって見学をしたのだが、当時一番主流だったテニスサークルは一つも見学しなかった。その頃はテニスのような乗りの良いお洒落なスポーツサークルはどうも苦手だったのだ。その頃の私はどちらかというと、合気道などの武道に挑戦して自分を鍛えることに憧れを持っていた。

そんなわけで、テニスをする機会がほとんどないまま社会人になってしまった。テニスと言えば、中学時代に1度友人と遊んで空振りばかりしていた情けない思い出だけが残っている。いつかは習ってみたいと思っていたのだが、ここでとうとう実現することとなった。

インストラクターはNoelというアフリカン・アメリカンのやさしい先生だ。生徒の数は12人。同世代の女性ばかりで女子高のクラブ活動みたいな雰囲気である。ボールがラケットに当たって遠くに飛んでいく感触など、慣れてくるととても楽しい。5週間のうちにどのくらい上手になれるか楽しみだ。
[PR]
by hicello | 2005-09-27 14:41 | 友人

BonsaiQ 留学生歓迎イベント演奏

d0004292_1124584.jpgカルテットにAlisaという新たなメンバーを加えて本番を迎えた。3時に校舎正門前に待ち合わせをして、大学院寮のWhittierホール1階にあるWhittierCafeで本番前一時間の軽いリハーサルをした。Bonsai Quartetの仲間は皆、とても楽器が上手である。こんな上手なメンバーと演奏が出来て私は幸せ者だ。

イベントは大学院の中にあるRussel Courtyardという広場で行われた。今回は、屋外イベントでのバックミュージックなので、舞台で行う室内楽の本番とは違い、リラックスして弾いていられるので気が楽である。

結局、曲目は以下のものに決定。

1.パッヘルベル「カノン」
2.ジョップリン「エンターテナー」
3.映画「Mission」より「ガブリエルのオーボエ」
4.バッハ「G線上のアリア」
5.アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク1楽章
6.アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク3楽章

d0004292_1131058.jpg弦楽アンサンブルは、屋外の演奏では遠くまで音が響かないので、4本のマイクで音をひろって会場に流してもらうことにした。4曲目のバッハを弾き終わったところで大学院の職員の2人に声をかけられた。

「私たち、こんなクラシックのアンサンブルが大好きなのよ。今度、また学内のイベントで演奏が必要なときに弾いてもらっていいかしら。」

2人から連絡先の入った名詞を渡されたので、Debbieにコンタクトしてもらうことにした。またBonsai Quartetに次の仕事の依頼が入りそうだ。

途中の休憩で飛び入りメンバーのAlisaと話をした。Alisaはニューヨーク北部で生まれ育ち、10歳からビオラを始めたということだ。艶のある良い音色だった。演奏経験の豊富なビオラ奏者の場合、大抵小さい頃はバイオリンを習っていて、途中でビオラに転向するというケースが多い。しかし、彼女は10歳で楽器を始めた当初からビオラを選んだらしい。珍しいタイプである。

d0004292_1132936.jpg演奏後にパーティを楽しんでいる人に混ざって話をしていたところ、生徒や職員などいろいろな人に「演奏が良かった」と声をかけられて嬉しかった。中には大学院の図書館で仕事をしていたところ、Courtyardからいい音楽が聞こえてきたので思わず出てきてしまったという職員の人までいた。

依頼主のInternational OfficeのMarionとAndyにも喜んでもらえたようだ。一時はどうなることかと思ったが、無事に終わって本当によかった。

それほど体力的には大変な訳でもなかったのだが、気がついたらすっかりパワーを使い果たしており、部屋に帰ったらバッタリと眠ってしまった。ああ、勉強もがんばらないと・・・。
[PR]
by hicello | 2005-09-23 10:37 | 音楽

ビオラ奏者の採用活動

Bonsai Quartetのビオラ奏者であるMimiが陪審員制度の義務を課されたため、金曜日のイベント演奏に出演できなくなってしまった。そこで急遽、代わりとなるビオラ奏者を探さなければならなくなった。

そもそもビオラという楽器を弾く人は非常に少ない。バイオリンやチェロを小さな頃から習っている人は意外に沢山いるのだが、ビオラは早くても中学・高校生などオーケストラに参加するようになってから始める人が多い。

また、ビオラは中音域の楽器であり、オーケストラの中ではファーストバイオリンのメロディの裏で地道に細かい音符を拍に合わせて刻んでいることが多い。したがって、どちらかというと表には出てこない地味な(失礼!)パートである。もちろん、ビオラがいないとアンサンブルの音に厚みが出ないので、非常に重要なパートではあるのだが・・・。

このような楽器の性質上、ビオラを選ぶ人自体が少ないため、アマチュアの多くの団体でも不足気味であり、彼らは貴重な存在である。

今日は一日机にかじりついて予習をする予定だったのだが、このような緊急事態にあってはそれどころではない。金曜日に演奏ができるビオラ奏者を急いで探さなくては。

ふと、先週ある授業を聴講したときに話したクラスメートが音楽教育学科専攻でビオラを弾いていると言っていたことを思い出した。そのとき丁度急いでいたこともあって、彼女の連絡先は聞いていなかった。

早速、音楽教育学部のオフィスに駆け込んで彼女の連絡先を聞くことにした。

Hiromi「ビオラを弾くXXXという新入生を紹介して欲しいのですが。」
事務員「残念だけど分からないわ。私たちはどの学生が何の楽器を弾くか全ては把握していないの。」

ガーン。頼みの綱が切れてしまった。音楽教育学部は演奏ではなく教育をプログラムのメインとしているためか、生徒の得意とする楽器についてはあまり情報を管理していないらしい。そこで聴講した授業を登録している友人にClass Webを見てもらったが、ビオラ奏者らしき人物は見つからなかった。彼女もクラスをドロップしたのかもしれない。

そこで今度は昨年卒業したSIPA出身の室内楽仲間に電話をしてみた。しかし、本番が金曜日の夕方早い時間なので、やはり仕事がある身では出演するのは難しいようだ。

しょうがない。こうなったら奥の手を使おう。恥を捨ててColumbiaの大学オーケストラのメンバーリストからダイレクトに誘いをかけることにした。腕のいい奏者をヘッドハンティングするのにはこの方法が最も効率的だろう。気分はExecutive Searchである。

「こんにちは。突然ですがチェロを弾くHiromiと言います。一緒にカルテットしませんか。」

まるでナンパである。突然見知らぬ人に電話してこのようなことを頼むのは非常に勇気がいるものだ。怪しい人物になってしまったようで自分でも奇妙な気分だったが、この際、気にしないことにしよう。結局、学部生のAlisaに快く引き受けてもらった。彼女は以前、カノンやアイネクライネ・ナハト・ムジークなどの曲も弾いたことがあるという。これで一安心。あとは練習だ!
[PR]
by hicello | 2005-09-20 15:17 | 音楽

グループ「HEIWA」

月曜日は「異なる状況下における協力・紛争解決・調停の基礎(Fundamental of Cooperation, Conflict Resolution and Mediation in Different Institutional Contexts)」の授業の日。長いコース名である。このコースは組織心理学専攻のレベル2のコアコースに位置づけられている。今日は2回目の授業だった。

担当はPeter Coleman教授。Conflict Resolution分野で著書も出しており、協力・紛争解決国際センター(International Center for Cooperation and Conflict Resolution (ICCCR))の責任者である。ダンディな顔立ちで女子生徒に人気がある。噂では若い頃はドラマに俳優として出ていたそうだ。ただ、本人の前でその話題に触れてはいけないらしい。

今日はConflictの定義についてグループのアイディアを元にディスカッションをして、その後、映画のワンシーンやパワーポイントのスライドを教材として、Conflictに影響を及ぼす要素についての概要を学ぶ授業だった。

Conflictの定義について活発に意見が飛び交う。日本人にとっては、どちらかというと「衝突」は望ましくないものとして捉えがちだが、アメリカ人にとって「衝突」は「より良いものを生み出すために必要なもの」という考え方が一般的のようだ。

実際、クラスのディスカッションの場を見ていても、アメリカ人は発言者の意見を真っ向から否定することにためらいがない。日本人の場合、相手のことを立てて相手を否定する発言を避けたりしがちだが、アメリカ人は議論の場はあくまで「お互いに意見を戦わせて、より良いものを生み出す場」と割り切っているようだ。激しい議論の後でも根に持たないこのサッパリとした感覚は、ある意味、心地がいい。

今日のグループワークの最後にグループの名前を決めることになった。私のグループはアメリカ人が5人とイスラエル人1人、日本人1人のメンバーで構成されている。

紛争解決の授業なので「Peace」というグループ名にしようという案が出た。そこでLawrenが、「このグループには違う国の言葉を話す人がいるから、外国語にしてはどうか。」と提案した。

イスラエルの「平和」を意味する単語は少し長かったので、日本語のグループ名「HEIWA(平和)」が採用されることになった。早速、グループの課題に日本語と英語でグループ名「HEIWA」と書き込んで提出した。「平和」の漢字を見たElizabethに「Cool!」と言われ、何だか少し照れくさかった。これからグループに貢献できるようにがんばろうと思う。
[PR]
by hicello | 2005-09-19 14:35 | 組織心理学

楽しむこと

ふと思い出して夏のインターンシップクラスの成績をWebで確認したところ、いつの間にか出ていた。なんと、A+!最高点である。去年の秋に初めての中間試験で大失敗し、退学させられるのではないかと日々怯えていた状況を考えると、今回の成績はとても信じられないことだ。

今までたとえテストで100点をとっても、大抵、他のグループワークやペーパーの点と相殺されてAにしかならなかったが、今回は10個のJournalと2つのペーパー、インターン雇用主からのEvaluationの総合点評価でA+をもらうことが出来た。うれしいな。

ヨセミテ公園への旅行から帰ってから、2週間ほとんど寝ないでペーパーを書き続けたあの怒涛の日々が報われた気がする。この夏、しばらくペーパー三昧の日々を過ごしたおかげで、気がついたらペーパーを書くことに対して抵抗を感じなくなった。これは何よりも大きな収穫だったと思う。

最初のペーパーを書き始めた7月頃は、1パラグラフを書くにも内容が上手にまとまらなくて、1時間以上考え込んでしまっていた。2行くらい書いてはすぐに椅子を立ち上がってうろうろしたり、ベッドに転がって好きな本を読みながら休憩したりと、じっとしていることができなかった。

ところが、8月になって最後のペーパーを書く頃には、「読み手が引き込まれるような面白い論文はどのように書けるか」について知恵を絞りつつ、ペーパー執筆のプロセス自体を楽しめるようになっていた。何ごとも楽しんでしまった方が、うまくいくようだ。

ここでついでに今回のインターンクラスのJournalとペーパーの内容を紹介しよう。

<Journal>

1:自己の役割の認識-複数の視点から見たインターンの役割
2:うつ病学会へ参加して
3:社会的サポートでストレスを緩和する-日本社会におけるうつ病と自殺の予防
4:Scheinの3つのレベル理論を用いた組織文化の分析
5:社長のリーダーシップ
6:企業の若年層社員の早期離職について
7:学習する組織
8:モチベーションの変化
9:Burke-Litwinの組織変革モデルを用いた組織分析
10:Wrap Up インターンとしての強みと弱み

<Paper>

1:Final Paper 組織のグループダイナミックス分析
2:Mentor Paper インターンを希望する後輩へのアドバイス

上記の課題のうち、1.4.8.9. 10の5つのJournalはインターンクラスの担当教授から既に題目を指定されていた。残りの5つのJournalは自分で自由に内容を選んで書いたものである。今回の課題をきっかけとして、今まで勉強した組織心理学のベースとなる理論をもう一度見直すことが出来て良かったと思う。

今回の課題を書きながら、興味の向くままに日本社会の問題についてアメリカの社会と比較しながらいろいろリサーチをしてみた。調べるうちにその事実の背景にある原因が何なのかを知りたくなって、ついつい夢中になってしまった。WHOのWebサイトで世界各国の自殺者数を調べてみたり、ルース・ベネディクト(実は彼女はColumbia大学の人類学学部卒で助教授として教えていた。)の「菊と刀」を読んで日本人の特徴ある物事の捉え方について思いを馳せてみたりした。まだまだ世の中、私の知らないことが沢山あって、本当に面白い。

これからも読み手がわくわくするような楽しいペーパーが書きたいと思う。
[PR]
by hicello | 2005-09-16 06:22 | 組織心理学

BonsaiQ演奏依頼

Bonsai Quartetへ9月のイベント演奏の依頼が来た。昨日クラスの後にDennisに誘われてInternational OfficeのDirectorであるAndyと一緒に近くの中華料理屋にいった。その時に偶然に室内楽の話をしたのがきっかけとなり、今日AndyからInternational Office主催のイベントでの演奏について話を持ちかけられた。

来週末の留学生向けのWelcomeイベントで、室内楽の演奏を入れたいそうだ。DeanのDon MartinやAdmissionのTomの他、100人くらい集まるらしい。

何だか最近、次々といろいろな話が出てきて目まぐるしいが、この際、この波を楽しんでしまうことにしよう。Bonsai Quartetのメンバーへ早速、連絡。早くドヴォルザークの「アメリカ」をさらわないと・・。
[PR]
by hicello | 2005-09-13 09:28 | 音楽

スイート・クッキング大会

同じ寮のスイートに住む仲間と一緒に久しぶりにクッキングの会を開く。Sirene、Wei-Yaと一緒にビーフン、餃子、コーンマッシュルームスープを作った。また食後のデザートとしてSarahの作ったブラウニーケーキ、Oliviaの買ってきたスイカを食べる。MiwaとDennisを招待。

新しいスイートメイトのアメリカ人SarahとOliviaはとても親しみやすい気さくなタイプだ。それぞれの国の政治の話で盛り上がった。国によって異なる制度や考え方があって面白い。

ペルーの旅:クスコ・マチュピチュ編を追加した。
ペルーの旅4日目 クスコの遺跡
ペルーの旅5日目 マチュピチュ遺跡-1
ペルーの旅5日目 マチュピチュ遺跡-2
ペルーの旅5日目 マチュピチュ遺跡-3

やっぱりマチュピチュは良かったなぁ。
[PR]
by hicello | 2005-09-11 13:54 | 友人

Bonsaiカルテットの練習

10月20日のエンジニアリングスクールのイベントに向けたカルテット練習。Debbie、Mimiの他、博士論文で忙しいSireneの代わりにBioscience専攻の博士課程の学生、Mattが2ndバイオリンパートに加わった。

ドヴォルザークの弦楽四重奏「アメリカ」の1楽章に初挑戦。明るくてとてもいい曲だ。チェロパートにソロも少し出てくるので、もっと個人練習して上手に弾けるように準備しておこう。
[PR]
by hicello | 2005-09-10 15:16 | 音楽

留学生歓迎オリエンテーション

Internationalの新入生向けオリエンテーションがあったので、ボランティアとして参加した。どうも今年は日本人の入学者が少ないようである。聞いた話では、留学生の数は1位韓国人、2位中国人、3位台湾人、4位カナダ人、5位日本人ということだ。

昨年は中国人はほとんどいなかったが、随分今年は増えたようだ。昨年の暮れにAdmissionのPeterがアジアへ宣伝に行った効果があったのだろう。

このイベントで会った組織心理学科の留学生は2人。昨年は組織心理学科の留学生6人中4人がこのイベントに出席していたことを考えると、今年の組織心理学科の留学生の数はあまり多くないのかもしれない。
[PR]
by hicello | 2005-09-09 16:22 | 組織心理学