ブログトップ

New York Psychologist's Life

psyclife.exblog.jp

<   2005年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

インド料理 Indian Cafe

お昼からTN先輩の帰国のお手伝い。ダンボールを郵便局へ運んだり、お掃除のお手伝いをした。3人の先輩の帰国に伴って、テレビ、DVDプレーヤーに始まり空気清浄機、電気スタンド、衣服、薬、化粧品、本、食器、箱いっぱいの食べ物にいたるまであらゆるものをいただいてしまった。本当に感謝・感激である。

しかし、2年生が帰ってしまって、心の中にぽっかりと空間ができてしまったような気がする。「これからはつらくても一人で戦うんだぞ。もっと強くなれ!」と弱い自分に言い聞かせてみる。

d0004292_12155360.jpg先輩とお昼に行ったインド料理の店を紹介。Indian Cafeというお店でインド人が経営している。場所はBroadwayと108thの交差した南西側の角にある。
d0004292_12173788.jpgチキン・カレーと海老カレーを注文。辛さもちょうど良い。久しぶりに飲んだスパイスティーがおいしかった。
[PR]
by hicello | 2005-05-31 11:57 | グルメ

NYフィルコンサート - St. John the Divine教会

お昼はクラスメートのJasmineのお別れ会。Jasmineはスタディグループで一緒に勉強した仲間である。クラスにいる数少ない外国人ということもあって、お互い自然に親近感がわいて仲良くなった。彼女は1年早く入学しており、5月で卒業である。
d0004292_2292488.jpgJasmineの希望でDeluxeというアメリカ料理の店に入った。場所はBroadway通りにあるコロンビア大学のそばのレストランの並びにある。キッシュを注文。量は少なめだが、パイ生地がさくっとしていておいしかった。

d0004292_1442166.jpg夕方はクラスメートのJu Heeに誘われて110thとAmsterdam通りの交差した場所にある教会(The Cathedral Church of St. John the Divine)へニューヨーク・フィルのコンサートを聴きに行った。Memorial Dayということで無料のコンサートだった。チケットは入り口で配布される。チケットを手に入れるため、教会の入り口から100メートルほどの長蛇の列が出来ていた。

d0004292_1446112.jpg会場に入ると、既に全体の約半分の座席は観客で埋まっていた。教会の内部は思ったよりも縦に長く、広い。天井には世界の国旗が飾られている。天井が高いためか、席を詰めて座っていても圧迫感はあまりなかった。演奏者は遠くに豆粒ほどの大きさに見える。

曲目はチャイコフスキーの「ロミオとジュリエット」、リムスキー・コルサコフの「シェラザード」だった。指揮者はXian Zhangという中国人の女性である。Zhangはニューヨーク・フィルのアシスタント・コンダクターということでマゼールのもとで研鑽を積んでいるが、エネルギッシュで切れがあり、今後が楽しみな若手である。

教会には反響板などの音響設備がないこともあって、オーケストラの音がこだまのように響いて、何層にも重なって聴こえていた。きっと演奏する方にとっては合わせにくくて大変だったと思う。

オーケストラの演奏自体は透き通った音色でとても素敵だった。とくにシェラザードのバイオリンのソロが繊細に歌う部分が際立っていた。この教会には小編成の曲の方が合っているようだ。

チャイコフスキーの「ロミオとジュリエット」は自分で演奏したことはないが、大学1年の時に先輩たちがリハーサルしているのを聴いていた。演奏を聴くうちに当時のことが懐かしく思い出された。

高島平の練習場所で、コントラバスの陰の床に体育座りをして練習を聴いていた。あのときにスコアを目で追いながら聴いていたので、自分ではこの曲を弾いたことがないにもかかわらず、チェロパートの旋律が分かってしまう。世の中無駄なことはなくて、何でも努力したことは必ず身になっていくものなのだろう。

Ju Heeは韓国の大学オーケストラでコントラバスを弾いていたそうだ。彼女はそこで「シェラザード」を演奏したことがあるので、同じように大学時代のことを思い出したと言っていた。音楽と記憶は結びつきやすいみたいだ。
[PR]
by hicello | 2005-05-30 14:06 | 音楽

飲茶の店 Dim Sum GoGo

d0004292_12472210.jpg寮のスイートメイトと台湾人の友人2人と一緒にチャイナ・タウンの飲茶の店へ。最初は有名なGolden Dragonに行こうとしたのだが、ちょうど4時で一時閉店するところだった。通常、飲茶の時間は朝から午後3時頃までということだ。
行き先を変更し、斜め向かいにあるDim Sum Gogoへ行くことにした。

d0004292_1313952.jpg住所は、チャイナタウンの5E, Broadway。赤い看板がかわいい。店内にいるお客さんはヨーロピアンアメリカンが多い。チャイナタウンの住人よりも、外から街を訪ねてくる人に人気のようだ。

d0004292_1332582.jpg注文は全て中国語が話せる友人たちにお任せした。野菜と肉のDumplingsを一つずつ、シュウマイやちまき、Radish Cakeを注文した。

d0004292_1362045.jpg店内は明るく、メニューもお洒落である。味もおいしかった。4時より前であれば同じメニューでも値段が安くなるので、ランチに来た方がお得である。かなりお気に入りの店。

なんか最近、食べ物の話ばかりである。このBlogの名前もそろそろ”New York食いしん坊ライフ”に変えた方がいいかもしれない・・・。
[PR]
by hicello | 2005-05-29 14:26 | グルメ

韓国料理 ガン・ミ・オク

d0004292_024770.jpg韓国料理の店、GAHM MI OAK(ガン・ミ・オク)でSIPAの友人とともに”TN先輩ありがとうの会”を開いた。ガン・ミ・オクはコリアン・タウンにあるレストランで、24時間OPENの店である。場所は、ミッドタウンWest32thにある。韓国人に人気の店で、夕方に行くと店内に10人ほど順番を待つ人の列が出来ている。

白いスープに牛肉と麺とごはんが入った”ソロンタン”がここの名物。味はついていないので、ネギと塩コショウで各自で味付けをする。サッパリしていておなかにやさしいので、辛いものを食べているときには丁度良い。

他には韓国風のお好み焼き、牛肉の盛り合わせを注文した。料理を注文すると必ずキムチと、生の白菜、緑のとうがらしが必ずついてくるのだが、このとうがらしは種が辛いので食べるときには注意が必要である。


d0004292_0102415.jpg食後は少し歩いて先輩お勧めのPineTree LodgeというBarへ。場所はEast35th通りと1stと2nd Avenueの間あたりにある。店内は全て木で出来ていて、鹿の剥製や毛皮のついた椅子などが置いてあり山小屋のような造りになっている。

ふとお店の宣伝カードを見ると、”Discover a piece of the Adirondacks right here, in Manhattan at PINETREE LODGE”とあった。まさにAdirondacksのロッジを意識した装飾をしていたようだ。もしかしてAdirondacksってニューヨーカーの心の拠り所なのかしら・・・?面白い発見でした。
[PR]
by hicello | 2005-05-28 14:22 | グルメ

Yankeesの試合観戦

d0004292_322892.jpgヤンキー・スタジアムへ試合を見に行った。今日のヤンキーズの対戦相手はデトロイト・タイガーズ。試合開始は夜の19時。クラスメートとその友人など11人の大人数で観戦した。座席は、球場全体が見渡せる最後列である。
ヤンキーズにはさすがに有名な選手が集まっていて、あまり野球に詳しくない私でも知っている選手が多かった。中でも松井がバッターボックスに出てくると、ワクワクしてしまう。この日の松井はヒットを2本打っていた。

d0004292_2562854.jpg松井がヒットを打つと、電光掲示板に松井の顔とともに「HIT-DEKI」の画像が現れる。Debbieに「DEKIって何?」と聞かれて答えに詰まってしまった。
イチローにしても野茂にしても、アメリカに来ている日本の選手には何となく「職人」というイメージがある。新天地に渡って、自己の技術を鍛え抜いて黙々と良い仕事をする。日本の職人気質の魂を見せているようで、何だかかっこ良い。

アメリカの球場に来たのは今回が4回目となる。今まで、ロサンゼルスのドジャー・スタジアム、ヒューストンのエンロン・フィールド(今はアストロズ・フィールドに名称が変更されている。)、サンフランシスコのSheaスタジアムで野球を観戦した。

アメリカの球場はどこもそれぞれ特徴があって、装飾なども工夫しているところが多い。しかしヤンキー・スタジアムは、球場の周りが雑然としていてゴミが散乱しており、この4つの中では一番汚い球場という印象だった。試合を観戦しているときの雰囲気や、観客の飛ばす野次も他の球場と比べると荒っぽい感じがする。

これがヤンキーズの宿命の対戦相手、レッドソックス戦だったらどうなってしまうんだろう。観客の野次もますますエスカレートしそうで、ちょっと怖い。レッドソックス戦は人気があって、チケットも早めに売り切れてしまうらしい。レッドソックス戦、見てみたいような、見たくないような・・・。

帰りに球場内にあるお土産屋さんへ寄る。松井グッズは小さな応援用バットが一本残っているだけで、Tシャツやジャンパーは完売していた。NYでも松井は大人気のようだ。
[PR]
by hicello | 2005-05-26 09:20 | 友人

ホイットニー美術館 - Sarahbeth's Restaurant

今日のお昼は、AkemiとMasaと一緒にホイットニー美術館の地下にあるSarahbeth's restaurantへ。このレストランは美術館に来た人が主に利用しているが、一般の利用者も入ることができる。

メニューはアメリカの料理が中心だが、お洒落な感じで落ち着いて食事を楽しめる場所である。ホットクラブサンドイッチを注文した。カニの肉が丸いケーキ型に固めて焼かれていて、小さな丸いパンではさんである。サラダと赤カブの付け合わせがついていてお洒落だ。

ホイットニー美術館は、アメリカの現代美術を中心に集められており、面白い作品が多い。前回訪れたときは時間がなくて、まだ全ての作品は見ていない。小さな小人のミニチュアがかわいくて印象に残っている。

そういえば、有名なMoMAにもまだ行っていなかったっけ。MoMAの作品が日本に上陸したときには、電車に乗って遠くまで見に行った記憶はあるけれど・・・。近くにあると思うと、いつか行かれると思って先延ばしにしてしまうものなのかもしれない。ニューヨークを去る前に行かなくては。また美術館もゆっくり見たいなぁ。

今日でDCから来ていた友人二人は帰ってしまった。寂しくなるけれど、また再会できる日を楽しみにしよう。
[PR]
by hicello | 2005-05-25 08:01 | グルメ

Pisticciでイタリアン・ランチ

d0004292_1274648.jpgお昼にAkemiと一緒に寮の近くのPisticciというイタリア料理の店へ行った。場所はLa Salle通り(124th)とBroadway+Riverside Driveの交差したあたりにある。マッシュルームのスープとムール貝のパスタを注文した。小さな店だが雰囲気が良く、味も良いのでお勧め。
[PR]
by hicello | 2005-05-24 07:42 | グルメ

ニューヨーク・グルメ探訪の日々

旅から帰ってからは、ニューヨーク観光・グルメを楽しむ時間が増えている。授業があるときは家で料理していることが多く、あまり外に食べに行く余裕がないので、おいしいお店を探すには絶好の機会である。夏休みのうちにニューヨーク・ガイドとしての腕を磨いておきたいところだ。このBlogでも少しずつ紹介していきたい。

お昼に旅の仲間でONYという和食料理屋へ行った。場所は72thとColumbus+Amsterdam通りのあたりにある。ONYは"Original Noodle for You"の略らしい。ラーメンから鍋焼きうどんまで麺類が豊富に揃えられている。久しぶりに博多ラーメンを食べた。懐かしい味だった。

寿司はニューヨーカーにとっては日常的な食べ物になっている。街にお寿司屋さんは沢山あるし、地元のスーパーで寿司パックを売っている店さえある。以前に本屋でも、お寿司の作り方の本と道具が箱に入ったSUSHIセットが売られているのを見た。

それに比べると、ラーメンはまだあまり広まっていないようである。今後、人気が出てくるのかもしれない。

d0004292_1462832.jpgその後、バッテリーパークへお散歩をしに行った。バッテリーパークはマンハッタンの南側に位置し、西側の沿岸では自由の女神とハドソン川を一望することができる。明るい緑の並木道に風が吹いていて心地良い。犬の散歩やジョギングをしている人たちが沢山いた。ヨットスクールのヨットが停泊している。夕方からスクールが始まるようだ。
今までバッテリーパーク公園内では南にあるフェリーの発着場所しか行ったことがなく、西側の沿岸には今回初めて訪れた。ここは眺めが良く穏やかで素敵な場所だと思う。

d0004292_13482836.jpg写真は、Battery Parkにあるカフェで食べたレモン・シャーベット。まろやかでさっぱりしていて美味しい。
夜は、Phoenix Gardenという中華料理屋へ。場所は40th通りと2Avenue+3Avenueの間にある。日本語を話せる店員さんがいて、彼のお勧めの海老と長ネギの料理がおいしかった。
[PR]
by hicello | 2005-05-23 13:27 | グルメ

Adirondackの旅 3日目

d0004292_1217626.jpgAdirondack最終日。朝10時に山小屋をチェックアウトして出発。レイク・ジョージVillageにあるカフェとお土産屋さんでのんびり過ごす。その後、マンハッタンへの帰路の途中にあるSaratoga Springsへ行くことにした。Saratoga Springsは天然の温泉、リフレクソロジーやエステ、マッサージなどリラックスできるリゾート地として有名なところだ。街には沢山のお店が集まっているが、この時期は観光客が多く、マッサージなどは早めに予約する必要があるようだ。


d0004292_12303693.jpgサラトガ温泉州立公園(Saratoga Spa State Park)の横にある松の木に囲まれた道(Avenue of the Pines)を抜けると、静かな森に囲まれたヨーロッパ風の建物が現れた。Roosevelt Spaである。


d0004292_1228556.jpgここでプライベートのハーブ・ミネラル風呂の予約をした。ハーブは7種類ほどあり、自分で好きな香りを選ぶことができる。私はラベンダーの香りを選んだ。




時間は40分間で24ドル。40分間の中で、お風呂に浸かる時間とベッドで休む時間の割り振りを設定することができる。お風呂30分、休憩10分に設定してみた。30分経ったところで担当の人が温かいタオルを持ってきてくれた。

日本の温泉に比べるとお湯の温度は低いのだが、お風呂から出た後は体がポカポカになった。アメリカに来てからシャワーで済ませることが多かったけれど、やっぱりお風呂は落ち着けて良い。

夜、マンハッタンに到着してから86th通りにあるお寿司屋さん”Yuka”で夕食。久しぶりにお寿司をおなかいっぱい食べた。今回の旅は人数が多く、メンバーの皆で協力する機会が多かったためか、人の温かさ・優しさを感じる旅だったような気がする。このメンバーで旅行することが出来て良かった。
[PR]
by hicello | 2005-05-22 05:11 | 自然・旅

Adirondackの旅 2日目

2日目はハイキング。Chee Weiグループ(5時間コース)とMasaグループ(3時間コース)の2手に分かれて別のルートを散策することにした。私はMasaグループに参加。

d0004292_12172473.jpgまずはMount Joをめざして出発。道がそれほど急ではないためか小学校低学年くらいの小さな子供や犬も同じコースを登っていた。


d0004292_12173478.jpg途中でかわいい花を発見!4月にStormkingへハイキングしたときとは違って、山に春の気配が感じられた。これから緑も濃くなっていくのだろう。


d0004292_12245978.jpg珍しいきのこも見つけた。これは「不思議の国のアリス」に出てくるきのこにそっくりである。アリスが食べると体が大きくなったり小さくなったりしてしまうきのこである。子供の頃は、あのきのこに憧れていた。

半円形で幹に水平に生えているので、種類は「猿の腰掛」の一種ではないかと思う。猿が座るにはちょっとサイズが小さいけれど・・・。


d0004292_16202049.jpgしばらくして頂上に到達。見晴らしのよい頂上の岩場から下方を見ると、ハート型の湖(ハート・レイク)が見える。短いハイキングだったがいい景色を見ることが出来て、得をした気分だった。


d0004292_16294988.jpg一休みしてから山を下ってハート・レイクの湖畔へ。湖は鏡のように平らで浅く水が透き通っている。よく見ると小さなイモリのような動物が数匹水中を泳いでいるのが見えた。とても静かな湖で、じっと湖面を眺めているうちに落ち着いた気持ちになった。


d0004292_12464642.jpgここで一つChee Weiたちのグループ一行が撮影した写真を紹介。5時間の長いハイキングコースは枯れた林があって厳しい自然の姿が見られたようだ。


d0004292_16491897.jpg買い物をしてから帰宅して全員で料理大会。私の担当は餃子。皆に手伝ってもらって100個近く作った。


d0004292_16493112.jpg皆で作った餃子の形はよく見るとそれぞれの個性が出ていて面白い。水餃子と焼き餃子の2種類。


d0004292_16511877.jpgMiwa&Akemi作 ほうれん草とマッシュルームの炒め物。


d0004292_16513149.jpgカラフルなサラダ。さっぱりしていてヘルシー。


d0004292_16575689.jpgDennis作 ハニーマスタードチキン。甘酸っぱい懐かしい味。アメリカ人の友人から学んだそうだ。


d0004292_1275034.jpg極め付きはMasa作ダッチオーブンで焼いたチキン。野菜も柔らかくなっていてとても上品な味。

デザートはDennisの作ったチーズケーキ。皆で料理をするのは本当に楽しい。どの料理もおいしくて、つい食べ過ぎてしまった。今回の旅でちょっと太ってしまったかな?
[PR]
by hicello | 2005-05-21 16:44 | 自然・旅